私たちの活動

動物実験福祉コミュニケーションロゴマーク 私たちは研究や教育、検査に使用する動物の福祉の実現のために活動しています。
日本には動物の愛護や福祉を実現するための法律として動物愛護管理法があり、これは研究・教育や検査で動物を使用する場合は、3Rの原理(できるだけ動物を用いない実験に置き換える、実験に使用する動物数を低減する、できるだけ動物へ与える苦痛を削減する)に則って実施するよう求めています。
 その上で、さらに私たちは研究・教育や検査に動物を使用する前や後には、実験動物の生活の質(QOL)を高めるために、環境エンリッチメントに配慮するなど動物福祉に則ったケアが必要であると考え、適切な教育・試験・研究を行えるよう研究や教育・検査機関への支援を行なっています。